コンクリート構造物の調査診断、既存建物の耐震診断、補強設計、建物調査と各種非破壊試験の(株)ダイアテック

赤外線サーモグラフィー調査

■赤外線サーモグラフィー検出のメカニズム

赤外線サーモグラフィー検出のメカニズム

赤外線サーモグラフィー カメラ 赤外線カメラの性能
 ・熱画像解像度:
  640×480ピクセル(30万画素)
 ・最小検出能力(空間分解能):
  0.65mrad(10m離れて6.5mmの大きさのものが検出できる)
 ・最小検知温度:
  0.065℃(30℃)


■適用対象

1)建物外壁の浮き(剥離)
2)住宅漏水箇所の調査、筋交いなどの特定(木造)
3)住宅断熱効果の評価
4)切土のり面コンクリート吹付の浮き(剥離)
5)トンネル内壁の浮き(剥離)
6)橋梁他床版などの浮き(剥離)


赤外線サーモグラフィー調査 建物外壁事例


赤外線サーモグラフィー調査 ボックスカルバート頂版事例

■赤外線サーモグラフィー調査の特徴

●良い点
 1)診断のための足場が必要ないので、調査時間の短縮等により低コストが実現可能
 2)非接触なので、調査対象を傷つけることなく調査が可能

●留意点
1)空隙のわずかな温度差を測定するので、測定は気象条件に左右される
2)表面温度差を測定して評価するので、構造物の表面50mm程度までしか評価できない

●赤外線サーモグラフィー診断の利用例
 1)建物外壁の定期報告診断(特に足場等を必要とする建物)
 2)容易に特定が困難な建物、構造物などの漏水箇所の推定
 3)容易に近づくことが困難な、橋梁などの1次診断
 4)交通量が多く限られた時間での調査が必要な構造物の1次診断(ex:トンネル)

※定期報告制度:
多くの人が利用する一定規模の特殊建築物(建築基準法別表第1:病院・ホテル・共同住宅・学校・百貨店・映画館・劇場)で、 竣工後10年を経過した建築物は3年に1回定期に外壁の損傷・建築設備などを報告する制度です。



このページのTOPへHOMEへ戻る